「担当」という言葉と「担降り」

1.はじめに

 私がジャニーズに出会ったのは、生まれて間もない頃だっただろうと思う。マッチ以来のジャニオタである母親のもとに生まれた宿命である。特に追いかけようとせずとも生活の中にジャニーズが存在していたのだが、そんな私が最初に自分から追いかけたいと思ったのが嵐だ。「担当」という言葉を知ったのも、嵐を追いかけようと決め、ネットで色々検索するようになったその頃だったように思う。
 私の最初の「担当」は、嵐の櫻井くんだった。嵐で私と知り合った人の中には「え、二宮くんじゃないの?」と思う人ももちろんいるとは思うが、櫻井くんだった。ただ、最初の時点で「櫻井くんだけど二宮くんも好き」というスタンスではあった。
 その後、かけもちは一生しないだろうと思っていたにも関わらずNEWSの手越くんにハートをバチーンと射抜かれすってんころりんしたり、周りから話を聞くうちに気になりだしたエイトに手を出してみたりした。
 こんな中、「『担当』っていったいなんだろう?」と考える機会が増えるようになった。ああでもない、こうでもないと自問自答を繰り返し、その過程で櫻井くんから二宮くんに担降り(正確には担変えというかもしれない)し、エイトからは離れた。
 今日までジャニオタを続けてきた中で、「担当」という言葉について考えたことをここにまとめたいと思う。あくまで今日までであるので、今後また考え方が変わってくるかもしれないことは先にご了承いただきたい。

2.「担当」という言葉-櫻井くんと二宮くん

 ジャニオタ界隈では当たり前のように使われている、この「担当」という言葉。単純に「○○くんのファン」という意味で、共通のはっきりとした辞書的な定義はおそらく存在していないと思う。私は「担当」を、現時点では「アイドルとして追いかけていたい人」と自分の中で定義している。
 この言葉は曖昧で一方的であるが、オタクにとってかなり重いものだと私は考えている。この言葉があるが故に、「担当」という言葉に縛られ、意地でも降りたくないという気持ちがわいてしまうから。少なくとも私はそうであったし、周りを見ていてもそういう人は多かったように思う。
この言葉に縛られていたのは、私の場合櫻井くんのときであった。最初は純粋に好きで、間違いなく担当という存在であったと思う。それがいつからか、「担当」という言葉に当てはまらないような気がするようになった。その理由は2つあった。
 1つめは、“アイドルとして”応援したいわけではない気がしてきたこと。初めは確かにアイドルとして応援したかったし、アイドルとして好きだった。だから担当だと言っていた。ただ、それと同時に、私にとっての櫻井くんは、人間として尊敬できてとてつもない憧れの存在だった。中高時代にZEROを見て、戦争のことをちゃんと知らないといけないと思って大学を選んだし、大学受験や勉強面で頑張らないといけない時の原動力はいつも櫻井くんだった。圧倒的で到底追いつけるはずもなかったけれど、それでも櫻井くんみたいになりたいと思って勉強していた。そうやっているうちに、“アイドルとして”の好きより、尊敬など違う気持ちの方が大きくなっていった。今でも、今の私がいるのは櫻井くんのおかげだと思っているし、圧倒的でかっこいい人だという気持ちは変わっていない。もちろん、櫻井くんのことは大好きである。
 2つめは、二宮くんのことを無視できないくらい好きになったこと。もともと5人の中では櫻井くんと二宮くんが好きだったことは先述したとおりであるが、どこかで好きの度合いが引っくり返ってしまったのだと思う。そのきっかけは特になかったけれど、気づいた時には「コンサートで二宮くんのうちわを持ちたい」と思っていた。し、実際櫻井くんのうちわに隠れて二宮くんのうちわを持っていた。「櫻井担」ではなく「磁石担」というようになっていた。
 このように、ずるずると「櫻井担」という言葉から離れられずに5年くらい過ごしていた。正直、胸の中にずっと突っかかるものがあった。「二宮担になります」とずっと言いたくて仕方なかった。それでも言い出せなかったのは、櫻井くんが最初の担当だったことと、櫻井担として出会った周りの人たちに離れられるのが怖かったことが理由だった。今思えば全然気にすることではなかったように思うが、こんなことで本気で悩み続けるのだから、オタクはつくづく面倒くさい生き物だと思う。辞める気は今のところないが。
 「担当」という言葉に縛られた経験のあるオタクは、おそらく私だけではないと思う。もう既に他の人に気持ちは降りているであろうに、意地でも降りたくなくて「担当」を続けている人を今までに何度も見たことがある。もしくは、もう興味はないのだけれど、昔から好きだからと、謎の義務感と惰性で「担当」を続けている人。加えて、好きなはずの自担や担当グループを非難するようなツイートをする人も見かける。こうした人たちは降りたくても降りられないのだろうと私は解釈している。今だから言えることだが、このタイプの人がもし今この文章を見ているならば、さっさと降りた方がすっきりするので降りることをオススメする。
 ちなみに、私が「もうダメだ、降りよう」と決めたきっかけはNEWSのコンサートに行ったことである。手越くんのうちわを持ちながら、「こういう風に応援したいのは嵐では二宮くんだな」と思ったのである。きっかけはどこに転がっているか分からない。

3.かけもちと担降り

 私はもともとかけもち反対派ではなかったが、自分がかけもちすることは一生ないだろうと思っていた。話せば長くなるので割愛するが、あるきっかけで手越くんにハマり、以来かけもちライフを送っている。
一口にかけもちといってしまいがちであるが、その中にも色々なタイプのかけもちがいるように感じている。

①各グループ1人ずつ自担がおり、すべてほぼ平等に好きであるタイプ
②各グループ1人ずつ自担がいるが、その時々で1番好きな自担が変わるタイプ
③各グループ1人ずつ自担がいるが、圧倒的1位とその他という位置づけのタイプ
④自担は1人であるが、色々なグループをつまみ食いしているタイプ

 などなど、おそらく今思いつかないだけで他のタイプのかけもちもいるだろうと思う。ただ、かけもちと名乗っている人のなかで、それははたしてかけもちと言えるのかと個人的に思うものもある。これは私がエイトから離れた理由であるが、「他のグループを追いかけている片手間で、惰性で追いかけている状態」である。先の節で述べた話と重なるところもあるが、気持ちは他に完全にあるのに、意地でそこにしがみつくのはいかがなものかということだ。この状態は、タレント本人にも他のファンにも失礼だと私は思うし、もう降りたものだと勝手に判断している。(もちろん各々基準は分かれると思います。あくまで私は、という話。)
 どのグループも純粋に好きで、どのグループもちゃんと応援したいと思えるのであれば、担当だと言っていいと思っているし、かけもちだと言えるのだろうと私は考える。

4.おわりに

 長々と書いてきたが、結局私が考える「担当」とは「アイドルとして応援したい人、夢を見せてほしい人」である。この言葉は思っている以上に、普段は意識しないにもかかわらず、オタクにとっては重いものだ。この言葉に縛られて降りられないオタクは少なくないと思う。何度でもいうが、さっさと降りた方がすっきりするのでオススメである。(これでさっさと降りられるのなら絶対今頃悩んでいないとは思うが。)
 ちなみに、私が櫻井くんから降りようか悩んでいた時によくしていたことが、他の人の担降りブログを読むことと、ツイッターで「嵐 担降り」と検索することだった。とにかく、他の人の考えが知りたかった。
 同じようにしてここの記事にたどりついた人がいるかもしれない。完全に私の考えと過去の経験を書き連ねただけであるが、そういった人の役に少しでも立てていたのなら幸いである。

ディズニー映画、ドナルドダックと第二次世界大戦

大学で西洋史をやっていたということで。
今回は、ディズニーと西洋史を絡めて文章書いてみたいと思います。

1.はじめに

 世界的に有名なアニメーターの一人であるウォルト・ディズニーは、1901年12月5日にアメリカのイリノイ州シカゴの貧しい家庭に生まれた。彼は昔から絵やマンガを描くことに興味をもっており、アニメーションに出会ってからはアニメ作りに没頭するようになっていった。
 配給の問題や版権問題など様々な問題に直面しながらも、ウォルトは世界初のトーキーアニメ『蒸気船ウィリー(Steamboat Willie)』で大成功を収めた。これがあのミッキーマウスの映画デビュー作である。1937年12月21日には世界初の長編カラーアニメ『白雪姫(Snow White and the Seven Dwarfs)』が公開され、空前の大ヒットとなった。ウォルトはアニメを芸術の域まで高めた人物なのである。

 この頃、世界的に何が起こっていたかを一度復習しておく。1929年、アメリカのウォール街で株価が大暴落し世界恐慌が起こった。この後、日本は満州事変をきっかけに国際連盟を脱退、ドイツではヒトラー内閣が成立。日本、ドイツ、イタリアの三国による協力体制が作られ始めた、第二次世界大戦目前の時期であった。白雪姫は、そういった時代に製作されていたのだ。

 1939年、第二次世界大戦が始まった。このような中でも、ディズニースタジオは、最初はピノキオやファンタジアなど戦争とは関係のない作品を製作していた。しかし、1941年の真珠湾攻撃をきっかけにアメリカが第二次大戦に参戦すると、ディズニースタジオも政府の依頼でプロパガンダ映画を製作するようになった。

 本稿では、ディズニーによる戦争映画のうち、ドナルドダックに関連した作品に焦点を絞って話を進めていく。なかなか表に出ることが少ない作品であるが、少しでも気になったら視聴してみることを先に強くおすすめしておく。(Y○u T○beやニ○動なんかで英語タイトル入れてみると結構出てきます)

2.ドナルドダック

 『シリー・シンフォニー(Silly Symphony)』シリーズ*1の『かしこいメンドリ(The Wise Little Hen)』(1934年6月9日公開)でドナルドダックはデビューした。ドナルドの、ものぐさで怒りっぽい短気なトラブルメーカーというキャラクターは、礼儀正しい優等生のミッキーとは異なり、かなり人間的であった。その個性の強さから人気を得て、ミッキーマウス・シリーズにも出演するようになっていった。次第にミッキーマウス・シリーズの中で主役の座をミッキーから奪うようになり、『ドナルドの駅長さん(Donald’s Ostrich)』(1937年12月10日公開)で自分のシリーズをもつようになった。
 1941年12月8日のアメリカ参戦から1945年8月15日の第二次世界大戦の終結までに公開されたディズニーのシリーズ短編作品の数は、ドナルドは24本、グーフィーは13本、プルートは11本、ミッキーは2本であった。大戦中も相変わらずドナルドの人気は衰えなかったのだ。このドナルド短編映画のうち、戦争に関わりがあると考えられる作品は8本であった。*2
 ただし、これらのドナルド作品すべてに戦意高揚を狙った要素があるかと考えると、必ずしもそうとは言えない。『ドナルドの入隊(Donald Gets Drafted)』ではドナルドは軍に入るものの、そこでは足が棒になるまで歩かされたり、上官に厳しく叱られたりしている。『ドナルドのパイロット(Sky Trooper)』では、空高くを飛行する飛行機から、落下傘部隊として上官に落とされそうになるのにドナルドは必死に抵抗している。このように、第二次大戦期のドナルドは、兵士としていくつかの短編作品で活躍しているが、滑稽でありながらも上官のもとで過酷な状況に置かれている兵士として描かれている。これらの作品は戦意高揚を狙ったプロパガンダ作品というよりは、当時の人々の気持ちを代弁し、共感を得るようなものとして製作されたのではないかと考えられる。
 これらの作品と少し雰囲気の異なる映画が、『総統の顔(Der Fuehrer's Face)』である。この作品については、次の節で述べていく。

3.『総統の顔』

 資金援助を条件として政府が製作を依頼した、反ナチ要素を前面に押し出した作品の1つである。 ハーケンクロイツを身につけた軍人たちが『総統の顔』という歌に合わせて楽器を演奏しながら行進をするシーンから始まる。 自宅で寝ていたドナルドが、彼らの銃剣によって起こされ、粗末な朝食を取り、工場で働かされるというのが大筋の流れである。工場で働くドナルドは過剰な要求に疲れ果て、しまいには錯乱状態に陥ってしまう。ここまでの話はすべてドナルドの夢であり、星条旗柄のパジャマに包まれて悪夢から目覚めたドナルドが、窓際に置かれた自由の女神像にアメリカ国民でよかったとキスをする。このシーンの直後、ヒトラーの似顔絵が登場する。そのヒトラーの顔面にトマトのようなものが投げつけられ、ヒトラーが“THE END”という文字に変化して話が終了する。
 この作品はもともと『ナチランドのドナルド(Donald in Nutziland)』というタイトルで公開される予定であった。しかし、作品に先立って発売されていた挿入歌が150万枚を売り上げる大ヒットとなり、映画の方も挿入歌と同じタイトルへと変更されることとなった。この歌は無礼な歌詞と句読点のように挟まれる唇の音、何度も繰り返されるメロディーが特徴となっている。この音楽の効果もあり、この作品は1942-43年のアカデミー短編アニメ賞を受賞した。

4.おわりに

 ウォルトは決して、戦争・プロパガンダ映画を製作することについては前向きではなかった。ただ、スタジオ存続の危機に陥っていたために、戦争映画を作らざるを得なかったのである。ディズニーの戦争映画が表だって取り上げられる機会はなかなか少ないように思われる。ただ、身近なアニメ、ディズニーといったものを通して戦争を考えるというのも面白いのではないだろうか。

参考文献
  1. マーク・エリオット(古賀林幸訳)『闇の王子ディズニー(上)、(下)』(草思社、1994年)
  2. ニール・ゲイブラー(中谷和男訳)『創造の狂気 ウォルト・ディズニー』(ダイヤモンド社、2007年)
  3. レナード・マルティン(権藤俊司、出口丈人、清水知子、須川亜紀子、土居伸彰訳)『マウス・アンド・マジック——アメリカアニメーション全史(上)』(楽工社、2010年)
  4. ボブ・トマス(玉置悦子、能登路雅子訳)『ウォルト・ディズニー 創造と冒険の生涯』(講談社、1983年)
  5. カルステン・ラクヴァ(柴田陽弘、真岩啓子訳)『ミッキー・マウス-ディズニーとドイツ』(現代思潮新社、2002年)
  6. セバスチャン・ロファ(古永真一、中島万紀子、原正人訳)『アニメとプロパガンダ』(法政大学出版局、2011年)
  7. 柳生すみまろ、デイヴ・スミス『ディズニーアニメーション大全集 新版』(講談社、2014年)

*1:ミッキーマウスのみで作品製作を行うことに不安を覚えていたウォルトが新しく製作したアニメシリーズ。『三匹の子ぶた(Three Little Pigs)』はこのシリーズのひとつである。

*2:ミッキーは戦争の要素を含む映画には一切出演していなかった。

Hip Pop Boogie chapterⅡによせて

私が好きなものに対して思うことを文章として残したいと思ったきっかけの1つが、ツイッターでやった「#DMで来たふざけた質問もガチな質問もできる限りTLで答える」というタグでした。
その中の「『Hip Pop Boogie chapterⅡ』で、すきな歌詞はどこですか?」という質問。それに対する答えはもちろん140字には収まらず、答えを画像4枚に分けて添付するという事態に。笑

その時の私の答えを加筆修正しつつ、『Hip Pop Boogie』という曲を中心にアレコレ述べていきたいと思います。

1.『Hip Pop Boogie』について

嵐ファンの人じゃない人も見ていると思うので、ざっくり『Hip Pop Boogie』という歌について。2008年4月に発売された『Dream "A" live』の初回盤に収録されている1曲で、櫻井翔さんのソロ曲です。作詞も櫻井くんがしていて、ほぼ全編ラップ。映像として残っているのはARASHI AROUND ASIA 2008、アラフェス'13(と、後述する宮城ライブ)*1

好きな歌詞として挙げたのが、「ステージ上終身雇用」と「MY LIFE IS MY MESSAGE」。

嵐になる少し前、櫻井くんはジャニーズを辞めようと思っていました。ジュニア時代から有名私立の男子校に通っていましたし、色々なインタビューなどから察するに、様々な且つ相当な葛藤があったのだろうと思っています。それを強く感じたのが、櫻井くんが32歳の時に雑誌で書いた、17歳の自分への手紙。
「1999年。嵐になる直前。(中略)“はぁ…。なんだこれ…。とんでもないことに巻き込まれた。辞めようと思っていたのに。”そう思っていることと思います。イラついて、ピリピリしていると思います。」*2

1999年のデビューこそ華々しかったものの、嵐はなかなか上手くいかない時期も長くありました。
その後、嵐は2005年の花より男子のヒット、2006年初のアジアツアー、2007年初の単独ドーム公演…などと、徐々に一般の人たちからの知名度も上がり、人気も獲得していきました。そうして2008年春から初夏。『Dream "A" live』を引っさげたツアーで初めての5大ドームツアーを行います。9月には、初めての国立霞ヶ丘競技場でのコンサートも行われました。

この時に歌われたのが『Hip Pop Boogie』でした。
辞めようと、とんでもないことに巻き込まれたと思っていた17歳の櫻井くんが、26歳になって「ステージ上終身雇用」と、たくさんのファンの前でキラキラしながら歌っている。どれだけの葛藤があったか、どれだけの壁にぶつかったのかは私にはとても推し量ることはできません。ただ、それでも辞めずに、かつこの先ずっとステージの上で輝き続けてくれるという力強い覚悟のようなものをこのワンフレーズから感じます。
さらに「MY LIFE IS MY MESSAGE」。自分の人生すべてが自分の伝えたいことだと言い切る。めっちゃかっこよくないですか。

この2つのフレーズが、昔も今も大好きです。

2.「Hip Pop Boogie chapterⅡ」について①

まず「Hip Pop Boogie chapterⅡ」が何かといいますと、前項でチラッと言いました、2015年9月の『ARASHI BLAST in Miyagi』で歌われた櫻井くんのソロ曲。2008年の「Hip Pop Boogie」をベースに一部の詞が書き換えられています。今回は、この書き換えられた詞の中から、3つのフレーズを中心に書き進めていきたいと思います。

1つめは、「後追いどもみなまず至らず」。
この歌を聞いたタイミングが、櫻井くん・大野さん・シゲの『ZEROカルチャースピンオフ アイドルの今、コレカラ』*3を見た少し後だったんです。
この番組の終盤でシゲが言った「後輩は嵐の背中を追いかけますよ」に対して、櫻井くんが「全力で逃げ切るよ?(笑)」って言ったんです。
冗談っぽく笑い交じりで話していたのですが、このフレーズを聞いたときに一瞬で思い出したやり取りでした。
この時の櫻井くんの歌声や立ち姿に「ああ、到底この人には敵わない」と感じてしまって、色んな意味でグサッときたフレーズでした。

3.「Hip Pop Boogie chapterⅡ」について②

2つめは、「こんな景色はみんなのおかげ ここまで連れてきてくれるなんて」。
まさか。翔さんが。この詞をあの場で歌うなんて。(衝撃)
櫻井くんがファン想いじゃないなんて思っていないけれど、ここまでストレートな言葉を使うイメージがなかったんです。
戸惑いながらも嬉しいなぁって、「むしろお礼言いたいのは私だから!(泣)」なんて、涙を流しながら聞いていました。

4.「Hip Pop Boogie chapterⅡ」について③

3つめは、「大きな愛抱いたり願いたい未来また描いたり」。
2008年の歌が「あの時」の詞ならば、2015年のchapterⅡは「今」と「これから」についての詞だと思うんです。
2008年は嵐というグループが大きく動き始めたときで、詞も“自分たち”が中心で、どこか見えない先への不安と、5人で突き進んでやるっていう決意が端々に見られるような気がするんですよね。
それに対して、2015年は温かくて愛に溢れてる。“自分たち”から、外へ、“ファンの人たち”へ向けた詞も含まれるようになっていて、2008年に比べて外を見る余裕も出てきたのかな、と勝手に思っています。
それを象徴してるのがこのワンフレーズだと思うんです。だって、2008年のここの詞、「罵り合い大会なんて僕らは見たくないんだい」ですよ(笑)



まだまだ書き足りないことはたくさんあるのですが、すべて書こうとすると収拾つかなくなりそうなので(笑)
あと言いたいこととしては、コンサートの時、後ろのスクリーンでわちゃわちゃしているメンバーを背に、誇らしげに「いままでこれからもこのメンツです」と歌いきる櫻井翔くん、かっこいいの極みすぎる。
私にとって、いつだって櫻井くんは大きくて、ずっとずっと先にいる偉大な人なんです。
これからも、ずっとずっと5人の作る景色を追っていきたいと思います。

*1:2016年4月3日時点

*2:H, 2014年3月号より引用

*3:2015年7月30日0時59分~・日本テレビにて放送

「またね」に含まれた切なさ-『フラジャイル』第5話

(※ネタバレを含みます)


「安田くんのお芝居が見れる!」と、情報が流れて以降待ちわびていた2月10日。
『フラジャイル』第5話を見ました。

原作を一切見ていなかったので、先の展開がどうなるのかと少し怯えつつ1時間TVを見つめていました。
見終わったときの気もちは、「悲しい」「つらい」「切ない」。もともと語彙力が乏しいこともありますが、言葉が出てこない。ただ、悲しい。

今回のドラマの中で引っかかったのが、タイトルにも含まれている「またね」という言葉。屋上で小早川くん(安田章大)と森井くん(野村周平)が会話をするシーンの、一番最後に交わされた言葉です。

私は、「またね」という言葉は寂しさや切なさの詰まった言葉だと思っています。
普通なら「また会おうね」の意味ですし、再会の約束の前向きな言葉として捉えられるのだと思います。
ただ、その「また」はいつ来るのか?すぐかもしれないし、何年も何十年も先かもしれない。もしかしたら、一生来ないで終わってしまうかもしれない。「また会いたい」「きっとすぐ会える」と思っている人ほど、なかなか会えなかったり、もう会えなくなってしまったり。それはドラマの話ではなく、現実でも十分起こり得ることだと思うのです。

今回のドラマ。生きることを諦めていた小早川くんが、森井くんたちとのやり取りの中で、自分の中に残っていた「死にたくない」という気持ちと向き合い、精一杯生きようと思うようになりました。
その後の屋上のシーン。自転車に乗っていた時に見上げた曇天とは打って変わって、眩しいほどの晴天の下。小早川くんと森井くんが「また会いましょう」という会話を交わしました。
余命は1年と宣告されていた小早川くん。限られていたとはいえ、初めてできた友達の森井くんと「また」話す時間は残っていたはずでした。

しかし、その「また」は来なかった。

生きることを諦めて、ぼんやりと、なんとなく毎日を過ごしていた時ではなくて、前向きに生きようと歩き出した時に小早川くんは亡くなってしまう。
この唐突な幕引き。なんて人生は残酷なんだろう。
「またね」の言葉の脆さを痛感させられました。


さて、小早川くんについて。ドラマの前から「安田くん適役!」との言葉がツイッター上で多く見受けられました。
保育士だったり、音楽を作ったり。最期の子どもを助けるシーンなんかは、安田くん自身もそういう人だよな、なんて。

ドラマを見終わって、ふと思い出した雑誌での安田くんのインタビューがありました。

(ずっと心に残ってる言葉を聞かれて)「『あなたがなにげなく過ごした 今日という一日は 昨日亡くなった方が あれほど欲しがった明日』って言葉なんだけど、ふだんからホントそう思ってる。今日があることは幸せだなって感じてる、いつも。だから、大事に生きなきゃなって。」*1


今を精一杯、悔いなく、全力で生きる。簡単そうで案外難しいことなのかもしれませんが、それでもそんな生き方に近づけるようにしたいなと思わされたドラマでした。

*1:Wink up, 2011年1月号,42頁より引用

Once upon a time, ...

テストもかねて。

はじめまして。もしくは、いつもありがとうございます。
りなこでございます。

ツイッターでちらほら思ったことを気ままに書くことが多かったですが、しっかりと文章として書きとどめておきたいなと思うことが多くなりまして。
思い切ってはじめてみました。

ツイッターはなるべく内容ごとにアカウントを分けてツイートしていますが、この場では好きなものすべてについて書きます。ご了承くださいませ。

ではでは、はじめます。気まぐれに更新します。よろしくどうぞ。